【パイクスピーク2016】ロメイン・デュマ選手がル・マン24時間レースに続いてパイクスも制す (1/2ページ)

山頂付近は前日に雪が降るというコンディション

 6月26日、アメリカ・コロラド州にあるパイクスピークで、第94回パイクスピーク・インターナショナルヒルクライム2016(PPIHC/通称:パイクスピーク)が開催された。

PPIHC_Romainパイクスピークは、標高2862mのスタート地点から4301mのゴール地点まで、約20kmのルートを一気に駆け上がり、誰が一番速いかを競うヒルクライムレースである。その歴史は古く、初開催は1916年、アメリカでインディ500に続く2番目に古いレースであり、今回は100周年の記念大会となる。2012年にコースの全行程がアスファルトで舗装され、年々アベレージスピードが上昇している。

 エントリーを100台に絞っての開催となった今回、練習走行でのクラッシュなどで2台がリタイア。決勝に進めたのは、2輪部門35台、4輪部門63台の98台となった(日本から参戦の4輪3台3名、2輪3台4名は決勝に進むことができている)。

courseこのレースウィーク同様、決勝日も朝からパイクスピーク周辺は快晴であった。しかし、前夜に降った雨は、山頂付近で雪となっており、路面が凍結していたため、早朝から頂上付近では除雪車が出て、路面コンディションを整えるなど準備が進められた。

PPIHC_Yamauchiそして午前8時、ペースカーがまずスタートし、パイクスピーク100周年記念大会の幕が開けた。ペースカーは今年もアキュラNSX。ドライブするのは、グランツーリスモ・シリーズでおなじみのポリフォニー・デジタルを率いる山内一典さん。パイクスピークへの参戦を表明しているがまだ実現してはいない。

「100周年という節目にペースカーをドライブできて非常に光栄なことだと思っています。また、クルマから見る景色もとてもきれいで夢の中にいるような気分でした」と、初のパイクスピークの感想を伝えてくれた。参戦計画については「来年こそは出たいですね。やはりパイクスピークは実際に出場しないと楽しめないと思います。どんなマシンなら勝てるのか、って考えると非常にワクワクしますね」と、参戦に前向きの様子であった。

  

画像ギャラリー