【試乗】スバルBRZの新グレード「GT」プロトタイプに乗った! (1/2ページ)

【試乗】スバルBRZの新グレード「GT」プロトタイプに乗った!

タイヤが変更されたと思うぐらいリヤの安定性が増した

 富士スピードウェイの北ショートコースで試乗した、ビッグマイナーチェンジを受けたスバルBRZ。最大のトピックスは、秋に発売とアナウンスされている新グレード「GT」の追加だ。

webcartop_BRZ12

 GTには、ブレンボ製対向型キャリパー、SACHS(ザックス)ダンパー、専用の17インチアルミホイール(スーパーブラックハイラスター塗装)が装備される。

webcartop_BRZ17

 早速試乗しよう。新グレードGT(プロトタイプ)も、Sグレードも基本同じ方向性で、リヤのグリップ限界が高くなった。

webcartop_BRZ11
たとえば従来は、リヤをパワースライドさせるためのキッカケ作りはたやすいものだった。もちろんそれはグリップ限界が低いタイヤ性能の裏返し。

 その前期型に対して今回試乗した新しい“後期型”のタイヤは「交換したでしょ」、と思うほど。だが実際は、従来とまったく同じだという。ひと言でいうとリヤの接地安定性が増したことで、挙動が安定して変化がつかみやすく、ステア操作に集中できるようになった。

webcartop_BRZ10

画像ギャラリー