【疑問】スポーツカーメーカーがこぞってSUVを出すわけとは? (2/2ページ)

新興国の富裕層というターゲットとその国の道路事情がポイント

 とはいえ、メーカーの都合でSUVがムーブメントになっているわけではない。購入するユーザーがいるからこそのブームだ。

【関連記事】【非常時に活躍】自然災害に強いクルマ3選

WEB CARTOP

 ここでポイントになってくるのは、新興国における自動車市場の拡大であろう。SUVの登場以前までは、車高が低いスポーツカーやクーペがスタイリッシュなクルマの条件とされている面もあったが、ロードクリアランスの小さいクルマは、整備されていない道路(舗装されていない、凸凹の多い道路)では楽しめない。

webcartop_SUV01

 しかし、最低地上高を確保しながらスタイリッシュなフォルムをバランスさせるというコンセプトから生まれたSUVであれば、そうした地域向けのプレミアムカーとしてのニーズを満たせるのだ。WEB CARTOP

 20世紀の終わりに先進国向けの都市型4WDとして生まれたスタイルが、道路インフラの整備が追い付いていない新興国市場にマッチしたといえる。さらにスーパーカー、プレミアムブランドにとって、相変わらず新興国の富裕層はメインターゲットである。572329d187f3a

  

 グローバルマーケットを単純化することは難しいが、少なくとも、この2つの事象だけでも、ハイエンドSUVというカテゴリーが拡大している理由が見えてくるのではないだろうか。WEB CARTOP

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報