東名高速の足柄SAにグランピング施設がオープン!

東名高速の足柄SAにグランピング施設がオープン!

お手軽かつ豪華なアウトドア体験が楽しめる

 最近注目のアウトドアキーワードの一つに「グランピング」が挙げられる。グランピングとはグラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛け合わせた造語だが、従来型のキャンプと違い、テントの設営や食事の準備などの手間がかからないアウトドア体験型宿泊システムを採用し、今や注目のリゾートサービスだ。

【関連記事】【トイレから電力まで】キャンピングカーの疑問5選

 今年に入って、あの「星野リゾート」が山梨県・河口湖にオープンさせた「星のや富士」がTVを始めさまざまなメディアで紹介されたばかり。自然に囲まれたオープンな施設空間でゆったりと時を過ごし、美味に舌鼓という新しい提案は魅力にあふれる。

 その魅力的な旅の味わいを、高速道路のサービスエリアで堪能できてしまうのだ。なんとも気楽そうじゃないか!

カップルやファミリーに最適なテント&トレーラーハウス

 東名高速を管理運営するNEXCO中日本が主体となって、東名高速・足柄SAのEXPASA足柄(上り)にオープン。この8月27日より約1年間の2017年8月31日までの期間限定の宿泊施設「el colina(エルコリーナ)として開業する。

EXPASA_GATE

 この施設ではグランピングテント(定員2名)棟が2棟。レギュラーテント(定員4名)棟が5棟にトレーラーハウス(定員4名)が3棟のラインアップ。

 なかでもグランピングテントは特製ウッドデッキテラスを設えたゴージャスタイプ。

EXPASA_GRAN-TENT

 レギュラーテントはナチュラルなキャンパス生地採用の広々スペースがポイント。

EXPASA_TENT

 トレーラーハウスは高級家具に囲まれたホテル並みのベッドを用意。

EXPASA_TRALER-HOUSE

 それぞれの部屋にはロクシタンのアメニティが用意されるというリッチな雰囲気。彼女や奥さんを説得しやすそうじゃないか!

  

地元野菜をふんだんに使ったディナーは美味

 宿泊者は何の手間もかからず、リッチなテントキャンプを味わえ、夜は御殿場ならではの食材をふんだんに使ったコース料理が待っている。

EXPASA_DINNER

 一例を挙げると、3種類の前菜にポタージュとメインは季節の野菜グリルにふじのすそののポーク肩ロースの炭火焼。もちろんデザートのスイーツもフレッシュフルーツを使ったバナナケーキ。いかがでしょう?

EXPASA_GOURMET-2

 EXPASA足柄に開業したメリットは、お風呂にある。別名金時湯という名の名湯レストイン時之栖を併設していること。翌朝の目覚めは、世界遺産・霊峰富士とのご対面。なんて贅沢なんだ!

el colina(エルコリーナ)通常宿泊料金

 トレーラーハウス(定員4名)棟:30,000円〜
グランピングテント(定員2名)棟:30,000円〜
レギュラーテント(定員4名)棟:20,000円〜

 (夕食)コース料理:5,000円/1名
※朝食・温浴施設料金含む
※土日・祝日、年末年始等は料金が異なります

 予約:電話受付 エルコリーナ TEL:080-4074-0066(9時〜20時)

 【詳しくはこちら】
http://el-colina.jp/

画像ギャラリー