【試乗】ゴルフGTI譲りの2リッターターボを積んだVWパサートR-Line (1/2ページ)

【試乗】ゴルフGTI譲りの2リッターターボを積んだVWパサートR-Line

全面液晶メーターなど先進性も際立つ

 日本でおなじみの輸入Dセグメントのセダン/ワゴンはまさに百花繚乱。メルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4、そしてフォルクスワーゲン(VW)パサートが四天王。

 Cクラス、3シリーズはパワーユニットの選択肢も多く、一方でVWの最上級セダン/ワゴンのパサートは国内のデビュー以来、時代を象徴する150馬力の1.4リッターダウンサイジングターボ+DSGのみで勝負してきた。

webcartop_02

 実際に乗れば、動力性能に不足はまったくなく、さすがに同エンジンを積むゴルフハイラインとは別格のラグジュアリーな走行性能、静粛性、乗り心地などに満足できるものだった。とはいえ、ユーザーの一部には「このクラスで1.4リッターじゃ納得できない」というひともいるはず。

webcartop_01

 何しろ、かつてはV6エンジンを積んでいたクラスであり、仲間内のアウディA4は2リッターターボ搭載なのである。そこでVWはパサートにゴルフGTI譲りの2リッター、220馬力/35.7kg-mというハイスペックなターボエンジンをアクティブシャシーコントロールDCCとともに「Rライン」として搭載。これでアウディA4と同様のエンジンラインアップを得ることになったのだ。

webcartop_04

 パサートはVW最新尖鋭の先進安全装備を搭載した初のモデルでもあるのだが、さらにRラインにはぜひとも装備したいアウディA4のようなデジタルメータークラスター=アクティブインフォディスプレーをオプションで新採用。

webcartop_05

 TFT12.3インチのディスプレーにバーチャルな速度計、回転計、インフォメーション情報を表示するとともに、中央にナビゲーションの表示も可能。先進感に満ちた世界を実現している(ただしナビ画面は100mスケール固定)。合わせて自動駐車支援機能なども用意し、先進機能を格段に向上させている。

webcartop_12

画像ギャラリー