【注意】アルミ製ペダルは見た目だけで選ぶと滑って危険なこともある (1/2ページ)

【注意】アルミ製ペダルは見た目だけで選ぶと滑って危険なこともある

表面の加工に注意して選ぶべき

 トヨタ、日産、ホンダ、スバル、マツダと、どのメーカーでも純正品で用意されているアルミペダル。ただ、ペダルの素材の主流は、今も昔もゴム製だ。

【関連記事】【カングー長期リポート①】わずか1.2リッターでも「頑張ってる感」なく100km/hまで加速!

web-cartop1

 ゴムのメリットは、安くて滑りにくいところ。短所は、黒くて地味なところと、長年使うとすり減ってくること。一方、アルミはレーシーでカッコいい。しかし、素材としてはゴムより明らかに滑りやすい。どうせ足もとなんて見えないのだから、ゴムで十分という意見もあるし、「オシャレは足もとから」というのもセオリーだ。web-cartop

 というわけで、メーカー純正のアルミペダルだと、アルミの面にゴムの突起をつけて、滑りにくく工夫されているものが多い。WEB CARTOP

 したがって、もし社外品のアルミペダルに交換するなら、ファッション重視の滑りやすい製品ではなく、ノンスリップ加工が施された製品をチョイスするのがポイントだ。ただ穴が開いているだけの製品だとちょっと不安かもしれない……。一部にゴムを貼ったり、表面に凸凹などの防滑加工をしたりしているタイプがおすすめだ。WEB CARTOP

  

画像ギャラリー