【今さら聞けない】ブレーキオイルには走り方で選んだほうがいい「レベル」があるって本当?

【今さら聞けない】ブレーキオイルには走り方で選んだほうがいい「レベル」があるって本当?

沸点によって明確に区分けされている!

 本当である。現在のクルマのブレーキは、基本的に油圧式。油圧=油の圧力で、その油に相当するのが、いわゆるブレーキフルード。

 その主成分は、鉱物系、グリコール系、シリコン系の3つがあり、市販のブレーキフルードの大半は、グリコール系(ホースやシールなどのゴム類との相性に優れている)。そして、ブレーキフルードにも規格があり、沸点の違いによって、DOT3、DOT4、DOT5に分かれている(DOT1、DOT2もあったが、沸点が低く昨今では出回っていない)。WEB CARTOP

 なぜ沸点が大事かというと、ブレーキフルードは、ブレーキキャリパー内のピストンを押し出す仕事をしているので、非常に高温に晒される。ブレーキパッド&ローターの熱が伝わって、ブレーキフルードが沸騰すると、オイル内に気泡が生じ、ブレーキペダルを踏んでもその気泡がつぶれるだけで、肝心のピストンが動かず、ブレーキが利かなくなるからだ(いわゆるベーパーロック現象)。WEB CARTOP

 DOT(ドット)規格のグレードの違いは、ドライ沸点=吸湿率0%時の沸点(新品時の沸点)と、ウェット沸点=吸湿率3.7%時の沸点(1~2年間使用後の沸点)で決まる(厳密にいうと、粘度やph値も)。

 もっとも標準的なDOT3は、ドライ沸点205℃以上・ウェット沸点140℃以上。DOT4は、ドライ沸点230℃以上・ウェット沸点155℃以上。DOT5は、ドライ沸点260℃以上・ウェット沸点180℃以上。WEB CARTOP

 このウェット沸点について、説明しておこう。

 グリコール系ブレーキフルードの主成分であるエチレングリコールは空気中の水分を吸収する性質を持っていて、この水蒸気の吸収率のことを吸湿率という。長期間使っていると、フルードの吸湿率が高くなって、沸点が下がり、フルードにエアが混入しやすくなるので、吸湿率3.7%時の沸点も各グレードの基準になっているというわけだ。WEB CARTOP

 ということで、数字だけ見ると黙ってDOT5にすればベストなような気がするが、例によって、グレードが高くなるほど、高価であり、しかもドライ沸点が高いフルードほど、吸湿性が高い=劣化が早い傾向がある。

 というわけで、街乗りオンリーなら、DOT3でOKだが、スポーツ走行が好きな人は、DOT4以上が望ましい。WEB CARTOP

 交換サイクルは、一般的には車検毎。サーキットを走る人などはもっとこまめな交換が必要で、ブレーキタッチが柔らかくなってきたな(エアが噛んできた証拠)と思ったら、早めにエア抜きを行うこと。エア抜きを行う際は、主成分の違うフルードの混入は厳禁。DOT数もできれば同じ数字のモノを使うこと。WEB CARTOP

 そして、スポーツ走行の走行頻度にもよるが、半年から1年毎には、エア抜きではなく、全量交換するのが理想。

 ちなみに、レーシングカーでは、当然1レースごとにフルード交換してしまうので、長期使用後の沸点=ウェット沸点は無関係で、ドライ沸点だけに特化したレース専用のブレーキフルードを使っている。

画像ギャラリー