【意外と知らない】センターメーターのメリットって何?

【意外と知らない】センターメーターのメリットって何?

正面にメーターがない=前方の視野が広げられる

 プリウスやアクア、エスティマなどに採用されているセンターメーター。スピードメーターをはじめとする主要な計器類をダッシュボードの中央に配置するメリットは何なのか?

【関連記事】【タイプR検証】歴代シビック・タイプRの筑波タイム20年変遷史

WEB CARTOP画像はこちら

1 国内仕様(右ハンドル)でも、輸出仕様(左ハンドル)でも共用できる(コストダウン)

2 正面にメーターがない分、前方の視野が広げられる。

3 メーターまでの距離が遠くなる分、車外から車内、車内から車外に視線を動かした際、目の焦点(ピント)が、より楽に、より早く切り替えられる。

4 メーターがステアリングの陰になることがないので、ポジションだけを考えて、チルト機能やテレスコピック機構を調整できる。

5 個性的、未来的なデザインともいえる……

 こうしたメリットがある反面、視線を動かす量が大きくなり、視認性が悪い。正面のメーターで、視線を上下に動かすのは慣れているが、左右に動かすセンターメーターには違和感がある、といったデメリットも。WEB CARTOP画像はこちら

 これらは慣れの問題ともいえるが、人間関係と同じで距離が開けば、気持ちも離れるもの。センターメーターのクルマだと、メーターを確認する頻度が減るような気がするのだが、いかがだろうか。WEB CARTOP画像はこちら

 ヴィッツやBMW MINIが、センターメーターを廃止したということから考えても、あまり評判はよくはないというのが実情のようだ。

 (文:藤田竜太)

画像ギャラリー