【オートサロン2017】ダイハツはシャレード・デ・トマソを思わせるカスタムカーを出展

【オートサロン2017】ダイハツはシャレード・デ・トマソを思わせるカスタムカーを出展

ダイハツ往年の思い出す4台に注目

 2017年1月13日から15日に千葉県美浜区にある幕張メッセで行われる「東京オートサロン2017」に、ダイハツは11台のコンセプトカーを展示する。「もっと楽しく。もっと自分らしく」をテーマに、4つのカテゴリーにわけた車両を作り上げた。

SPORZA
(スポルザ)

 ダイハツのホットハッチ「シャレード デ トマソ」やミラターボと呼ばれた「TR-XX」を現代仕様として復活。専用ボディカラーの赤×黒にゴールドのアルミホイールで往年のモデルを想像させる。ベース車両は順にブーン シルク、トール、ムーヴ キャンバス、コペンだ。WEB CARTOP WEB CARTOP WEB CARTOP WEB CARTOP

Grand Custom
(グランド カスタム)

 専用メッキパーツを装着し存在感を表現。さらに大型LEDフォグランプをあしらい、迫力と至高のカスタムスタイルを提案した。ベース車両は順にトール カスタム、タント カスタム、ムーヴ カスタム。WEB CARTOP WEB CARTOP WEB CARTOP

Beach Cruisin’
(ビーチ クルージン)

 とくに夏に活躍をしそうな専用ボディカラーとオリジナルのラッピングを施すことで、ライフスタイルをゆったり、のんびり楽しむためのクルマを表現した。ベース車両はムーヴ キャンバス、ブーン。WEB CARTOP WEB CARTOP

CROSS FIELD
(クロス フィールド)

 迷彩柄を使用しつつ、マットに仕上げた専用ボディカラーでアクティブ感を表現。「大人の趣味人」が遊ぶ場所を広げるための一台となった。ベース車両はキャスト アクティバ、ウェイク。WEB CARTOP WEB CARTOP

画像ギャラリー