【衝撃】カーボンパネルの930ポルシェは1トン切りも夢じゃないモンスターマシン! (1/2ページ)

【衝撃】カーボンパネルの930ポルシェは1トン切りも夢じゃないモンスターマシン!

外板パネルをカーボン化して200kgもの軽量化に成功

 スポーツカーを愛する人にとって終着点のひとつとも言われているポルシェ。オートサロン会場に鎮座するその930ポルシェは911カレラベースながら、ターボを凌駕するほどワイド化されたフェンダーやチルトボンネット、ガルウイングドアなどにより大迫力のルックスを手にしていた。これだけ見るとただのドレスアップカーかとスルーしてしまいそうだが、そのじつ、圧倒的なポテンシャルを秘めたマシンだったのだ。

【関連記事】【今さら聞けない】ポルシェやスバルが採用する水平対向エンジンのメリットとは?

WEB CARTOP

 このポルシェを制作したのは滋賀県に店舗を構える「studio ALLICA(スタジオアリカ)」だ。代表の舟橋さんはもともとメーカーのコンセプトカーの製作にも携わっていたほどの車両制作のスペシャリスト。このポルシェに使われている外板パネルもひとつひとつ手作業で型取りをして作られている。WEB CARTOP

 その外板パネルももともとの外板に重ねて貼られているわけではなく、従来のパネルをカットオフし、その上からカーボンパネルを貼っている。その結果、およそ200kgもの軽量化に成功しているのだ。

 走りに必要な最低限の装備以外をすべて外してしまえば1トンを切ることも可能であるが、オーナーカーということもあり、あえてその部分は残してあるとのことだ。WEB CARTOP

 エンジン本体はノーマルのまま(プーリーのみオリジナルのものを採用し、国産車用ベルトを使用できるようになっている)だが、これだけ軽いボディに組み合わされれば下手なハイパワー車をカモることもたやすいだろう。

画像ギャラリー