待望のホンダ新型シビックタイプR! エンジンもパワーアップを果たす (2/2ページ)

今回は限定販売でなくカタログモデルとして日本で展開

 シャーシは重量配分の適正化や重心の低減、更にはロングホイールベース化、フロント:ストラット、リヤ:マルチリンク式サスペンションの採用など、ベースの素性が大幅にアップされたグローバルプラットフォームがベース。

 今回のモデルは従来のタイプRと異なる、ノーマルの開発時からタイプRを想定したクルマ作りを行っているため、タイプRに仕立てるにあたり、ボディ補強などは必要最小限で済んでいるそうだ。とは言え、サスペンションなどは専用で、更に進化したZF-SACHS製「アダプティブ・ダンパー・システム」も採用。当然、止まる性能も抜かりはなく、ブレンボ製ブレーキを継続採用。

 気になるのはニュルブルクリンクのタイムがどれだけ更新されているかだが、今回はお預け……。正式発売時に公開されるようだ。ちなみに現在のニュルFF最速記録はVWゴルフGTIクラブスポーツSの7分47秒1。ただ、車両の進化を考えると「ちょっといい」ではなく「ブッチギリ」のタイムを刻んでほしいところだ。

 生産はFK2と同じくイギリスの「ホンダ・オブ・ユーケー」で、2017年夏より欧州・日本・北米を含む世界各国で発売を開始。ちなみに日本向けはFK2のように限定発売ではなく通常のカタログモデルとして発売されるので安心してほしい。価格は未定だが現行モデルから若干アップする程度だと予測する。

画像ギャラリー