【インディ500予選】佐藤琢磨が自己最高の4番手! アロンソは5番手を獲得

スコット・ディクソンがPP獲得! 佐藤琢磨は4位

 今年のインディー500はずっとホンダ勢優勢で展開してきた。とくに19日の練習ではトップ12のなかにシボレー・エンジンは5位のモントーヤただひとりというほど。

 それが予選に突入した20日、シボレーが息を吹き返してくる。シボレーというよりもエド・カーペンター・レーシングがセッティングを決めてきたということか。

 アタックは1回のみ。4周連続での平均スピードで順位が決定されるインディー500の予選。その初日。エド・カーペンターが我らが佐藤琢磨の手からトップの座を奪い取った。

インディ500

 予選初日で9位以内に入った者で1位から9位の決勝グリッドを決める二日目の予選・FAST9へ向かう

 FAST9で勢いのあるカーペンターをいなしたのは今年からホンダに戻ってきたチップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンだった。ディクソンはただひとり232マイルを突破。次元の違う速さを見せつけてのポール奪取だった。

インディ500

 2位がカーペンター。3位にはアンドレッティ・オートスポートの6人のなかからアレクサンダーロッシが入った。ここまでが最前列(フロントロー)に並ぶことになる。

 前日、2位ながら惜しくもフロントローから漏れた佐藤琢磨はそれでもチーム・メイトのフェルナンド・アロンソに勝っての4番手。

インディ500

 もちろん日本人ドライバー過去最高グリッドだ。アロンソは琢磨と並んでの決勝スタートとなる。

インディ500

 インディーは月曜から今度は決勝の集団走行のなかで速いマシンを作る作業へと移っていく。

「101st Running インディアナポリス500」は5月28日、決勝レースがスタートする。

インディ500 インディ500 インディ500 インディ500 インディ500