【注意】フロントガラスが乾いた状態でのワイパーはダメ! (1/2ページ)

【注意】フロントガラスが乾いた状態でのワイパーはダメ!

砂埃などが付着したままワイパーを使うとガラスに傷が入ることが

 もうすぐ梅雨。雨の日は視界が悪くなるので、この季節こそ普段以上にフロントガラスをきれいにしておきたいところ。夜のドライブで、街路灯や対向車のヘッドランプが乱反射して見えづらいときは、油膜の汚れがついている可能性があるので定期的に油膜落としをしておこう。ワイパー

 油膜以上に厄介なのが、ガラス表面についた小キズ。駐車中に砂埃や花粉がガラスに付着したとき、あるいは葉っぱがワイパーにくっついているようなとき、ガラスが乾いた状態で、ウインドウォッシャーを噴霧せず、ワイパーだけを動かしたりするのは、ガラスにヤスリをかけているようなもの……。ワイパー

 フロントガラスが乾いているときにワイパーを動かすのは、ガラスを傷つける原因になるので、絶対にやめよう。ボディでもガラスでも、クルマの外装の汚れを落とすときは、水をたっぷり使うのがコツ。ワイパー

 出かける前に、窓ガラスが汚いな~と思ったら、ペットボトルなどに水を汲んで、砂埃などを一通り水で流してから、キレイなウエスで拭き取るのが一番。これからの季節は、日差しが強くなってくるので、すぐに拭き取らないと水滴が乾燥してフロントガラスにシミになってしまうので、できれば日陰でやるといい。ワイパー

画像ギャラリー