日本導入を切望! 魅力たっぷりの海外専売「ホンダSUV車」3選 (1/3ページ)

日本でも成功できる可能性大のSUV3台

 栃木県内の本田技術研究所で開催された、ホンダの最先端技術を紹介する取材会「ホンダミーティング2017」。そこには、現時点で日本での販売計画が公表されていない、海外専売モデルが4車種展示されていた。ホンダ SUV

  

 ここでは、別の記事で浅木泰昭執行役員のインタビューとともにお伝えしている「WR-V」を除く3車種、「CR-V」、「アヴァンシア」、「アキュラCDX」を紹介する。いずれも日本でぜひ乗りたい、強烈な個性を備えた魅力的なSUVばかりだ!

①CR-V

 スズキ・エスクード、トヨタRAV4と並び、90年代にライトクロカンを流行させたミドルサイズSUV。日本では先代4代目で販売を終了したものの、北米では2016年10月に新型シビックをベースとした5代目がデビュー。その後アジアオセアニア各国で順次販売が開始されている。ホンダ SUV

 従来からの2.4リッター直4直噴のほか、1.5リッター直4直噴ターボを設定。4月の上海モーターショーでは、アコード譲りのスポーツハイブリッドi-MMDを搭載した「ハイブリッド」を公開し、今年後半に発売予定であることを発表した。ホンダ SUV

 新型5代目は従来からの都会的なデザインとオンロードでの走りに磨きをかけながら、内外装の質感を大幅にアップ。先代では欧州仕様に用意されていたディーゼルは日本の排ガス規制をクリアできず、ごく普通のガソリンエンジン車をラインアップするのみだったが、新型では待望のハイブリッドが追加されるため、前述の内外装と合わせて商品力は充分に高い。ホンダ SUV

 日本でも販売すればマツダCX-5やスバル・フォレスター、日産エクストレイルなどと互角以上の戦いができると思われる。ハイブリッド追加のタイミングでの日本復活に期待大!