BMWは大注目のコンセプトZ4など5台をアジア初公開! 【東京モーターショー2017】 (1/2ページ)

BMWは大注目のコンセプトZ4など5台をアジア初公開! 【東京モーターショー2017】

復活の8シリーズとスープラの兄弟車Z4のコンセプトは必見

 2017年10月25日、NHK交響楽団のバイオリンとチェロによる優雅な調べで幕を開けた、第45回東京モーターショー2017のBMWのプレスカンファレンス。同社はコンセプト8シリーズやコンセプトZ4、新型M5、6シリーズ グランツーリスモ、X3などアジアプレミア5モデルを中心に展示を行なった。

東京モーターショー

「コンセプトZ4」は、9月に開催されたフランクフルトショーで一般デビューした期待の2シーターオープンコンセプト。その名の通り次期Z4を示唆するモデルであり、今後のBMWデザインを示唆する重要なコンセプトだ。Aピラーやドアミラー、ロールオーバーバーあたりはショーカー然としているが、それ以外は市販モデルもこのデザインを踏襲してくると思われる。日本のクルマ好きにとっては、トヨタと共同開発中の「次期スープラ」の兄弟車として注目が集まる1台でもある。

東京モーターショー

「コンセプト8シリーズ」も、2018年に新生8シリーズとして発売がアナウンスされている期待のモデルだ。初代モデルは90年代末に生産終了しており、約20年ぶりに復活することになる。エクステリアデザインは大きくなったキドニーグリルと薄いヘッドライトを組み合わせたエレガントな造形で、次世代のBMWデザインを示唆していると思われる。

東京モーターショー

 インテリアはセンタークラスターにドライバー側を向いた大型モニターを採用しているのが目を引く。また、今回の東京モーターショーでは展示されなかったが、市販モデルと並行してFIA WEC(世界耐久選手権)参戦用のレーシングモデル「M8 GTE」も鋭意開発中。つまり市販版M8の存在も公の秘密と言ったところだろう。

「M5」は日本でも発表されたばかりのブランニューモデルで、今回で6世代目となるスーパースポーツセダンだ。今回のトピックスは、史上初めて駆動レイアウトに4WDを採用した点にある(従来はFR)。メルセデス-AMG E63S 4MATIC+アウディRS6などのライバルに対抗すべく、全輪駆動化に踏み切ったということか。

東京モーターショー

 搭載されるエンジンは4.4リッターV型8気筒ツインターボ。現行モデルより高回転化されており600馬力/750N・mという凄まじいパワーを絞り出している。トランスミッションはMステップトロニック(8速AT)を組み合わせる。

東京モーターショー

 今回採用されたMモデル専用4輪駆動システム「M xDrive」は、従来のインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」と「アクティブMディファレンシャル」をベースにMモデル専用に開発された制御システムで、日常走行からサーキット走行までカバーする。DSCオフ時に「4WDモード」「4WD Sportモード」「2WDモード」の選択が可能で、従来通りFRらしいドリフト走行も可能となっている。

東京モーターショー

 すでに国内で受注を開始しており、価格は17,030,000円(税込)。また、発売を記念して世界400台限定(日本限定5台)で、特別なフローズン・ダーク・レッド・メタリックのボディカラーなどを採用した「M5ファースト・エディション」をリリースしている。

画像ギャラリー