安全装備を標準化してますますお買い得に! スズキ3モデルに特別仕様車を設定

専用シート表皮やシートヒーターなど特別装備にも注目

 スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」に、同社の予防安全技術であるスズキ・セーフティ・サポートなど嬉しい装備をプラスした、特別仕様車「Sセレクション」を設定し、12月7日より発売した。

スズキ特別仕様車

 アルト・ラパンはスズキ・セーフティ・サポートの、衝突被害軽減ブレーキである「レーダーブレーキサポート/誤発進抑制機能」を搭載。また、メーカーオプションとして全方位モニター用カメラパッケージを設定している。

スズキ特別仕様車

 Sをベースに、エクステリアは専用メッキフロントグリルやメッキハンドル、さらにピラー部分までホワイトにした2トーンルーフを装備し、上質さとポップさを併せ持つ仕上がり。

スズキ特別仕様車

 ボディカラーは、サニーイエローメタリック、フェニックスレッドパール、フォーンベージュメタリック、リフレクティブオレンジメタリック、フィズブルーパールメタリック、ブリスクブルーメタリック、ノクターンブルーパールの全7色を設定。

スズキ特別仕様車

 シートは、キルティング柄とチェック柄の特別色スカーレット/セピアのどちらかを選択可能。また、大人な雰囲気を醸し出すオレンジ色の専用ドアトリムクロス、ヴィンテージ調の木目柄のインパネなどを採用し、レトロなイメージを彷彿させるアンティークな室内に仕立てている。

スズキ特別仕様車

  

 加えて、「ナノイー」搭載フルオートエアコンや、助手席シートヒーター(2WD)を備え、女子にうれしい機能もばっちりだ。

スズキ特別仕様車

 ソリオは、スズキ・セーフティ・サポートの「デュアルカメラブレーキサポート/誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能」を搭載、さらに全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプションに設定している。

 Gをベースに15インチアルミホイールを履き、足もとのオシャレにも抜かりがない。ボディカラーは、特別設定色のネオンブルーメタリック ブラック2トーンルーフのほか、クラッシーブラウンメタリック・ブラック2トーンルーフ、ピュアホワイトパール、スーパーブラックパール、スターシルバーメタリック、ネオンブルーメタリック、クラッシーブラウンメタリックの全7色。

スズキ特別仕様車

 インテリアは専用シート表皮を採用。そのほかにもフロントシートSRSサイドエアバッグや「ナノイー」搭載フルオートエアコン、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、挟み込み防止機能付きの後席両側ワンアクションパワースライドドアなどの、誰にとっても快適で便利な装備を特に充実させている。

スズキ特別仕様車

 イグニスは、スズキ・セーフティ・サポートの、警報機能&自動ブレーキ付きデュアルカメラブレーキサポート/誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、メーカーオプションとして全方位モニター用カメラパッケージを設定する。

  

 HYBRID MXをベースに、エクステリアには自動でヘッドライトの照射範囲を調整するオートレベリング機能付きのLEDヘッドライトを装備し、利便性の向上が図られている。

スズキ特別仕様車

 ボディカラーは全8色を設定し、車体色に合わせて内装の色を選べる。ネオンブルーメタリック、ヘリオスゴールドパールメタリック、ファーベントレッド、スピーディーブルーメタリックは内装色がチタン。フレイムオレンジパールメタリック、ピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリック、スーパーブラックパールは内装色がオレンジとなる。

スズキ特別仕様車

 インテリアは、本革ステアリングホイールを採用して上質さをプラス。さらに助手席シートヒーター(2WD車)を備え、同乗者にも快適な空間としている。

 心強い安全装備がしっかり搭載された特別仕様車たち。自分のお気に入りの1台をぜひ手にしてほしい。

 なお、メーカー希望小売価格(税込)は、アルトラパンが133万3800円(143万3160円)、ソリオが165万4560円(178万920円)、イグニスが163万800円(176万4720円)。※( )は4WDの価格

画像ギャラリー