【試乗】まるでスポーツモデルのような身のこなし! 新型レクサスLSは運転の楽しさ抜群 (1/2ページ)

その出で立ちは国内外のライバルの中でも存在感を放つ

 静岡県・伊豆の修善寺にあるサイクルスポーツセンターでの新型LSの試乗会を終えた晩に、東京・銀座を歩いていると、偶然にも一般オーナー車の新型レクサスLSに遭遇。その姿を見て、売れる、半分成功したようなものだと率直に思えた。

レクサスLS

 その姿、想像を大きく超える存在感があり、メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ、さらには先代のレクサスLSなどの中で、低く伸びやかなフォルムを含めて威風堂々としていたのだ。

レクサスLS

 もちろんかなり押し出し感の強い顔をしているので、もっと上品に、ひっそりと高級車に乗りたいというエレガント志向の方からのウケは落ちるかもしれないが、メルセデス・ベンツSクラスが得意とする豪華絢爛やゴージャス感をハイサルーンカーに求める方の心には、新型LSのあの見た目は鋭く刺さるはず。

レクサスLS

 何にせよ世の中の存在感のあるクルマ達がひしめく銀座で、紛れ埋もれることなく“あれ”だけの存在感を示したデザインには、ほかにはない価値を追求していくプレミアムブランドのフラッグシップモデルとして成功であり拍手を送るべきだろう。

レクサスLS

 さて、11年ぶりにフルモデルチェンジをした新型LSの生きた姿を見た感想から述べてしまったが、ついでにもう一つ、これは手放しで拍手したいと思える作りにも触れておこう。それが内装。

 プレミアムブランドという名のとおり、プレミアム性、他にはない希少性が価値だとも言えるだろう。しかもそれが上品かつ魅力的に表現されていたら、この手のハイサルーンカーにとって最高。まさにその世界が室内空間には表現されていた。

レクサスLS

 具体的には、寄木細工を造る手法で仕上げられた精巧なウッドパネルや、織物として仕立てられた立体的な内装、さらには切子ガラス加工が施された加飾など、世の中のどの高級車にもない、日本らしい伝統工芸の匠の技を使い、鋭くもあり、暖かみを感じる独自の室内空間を演出している。

レクサスLS

 後席を含めてシート形状が良く、座った瞬間にホッとして身を預けたくなる感覚も抱くが、同時に目から飛び込むその匠の技が生み出す世界観が欲しくて新型LSを買う方がいそうな仕上がりだ。

レクサスLS

 それら内外装も大事だが、ハイサルーンカーとして大事な乗り味はどうなのか?

画像ギャラリー