国産コンパクト危うし! VWの最小モデル「up!」の走りと実用性がやっぱり凄かった (3/4ページ)

取材班も見誤った驚きの積載力

 さて、そんなup!の室内空間は、インテリア全体のセンスの良さ、乗る人がホッと落ち着ける上質感に加えて、小さなボディから想像するよりずっと使いやすい、実用性の高さも備わっている。up!座面が大きくゆったり座れるフロントシートはもちろん、リヤシートの足もとや頭上スペースも十分。これは2ドアでも4ドアでも変わらない。センターコンソールやドアポケットに大きめの収納もあるし、リヤシートには左右にチャイルドシート装着用のISO-FIXがあるから、子育てファミリーにもバッチリだ。up!

 また、ラゲッジは高さが変えられるフロアボードがあり、トノカバーからの深さは通常で40cm(以下実測値)。一段下げると60cmにもなるから、高さのある荷物もすっぽり。フロアボードの下をサブトランクとして使うこともできる。up!

 そしてリヤシートを6:4分割で倒すと、奥行きが120cm以上のフラットなスペースに早変わり。ベビーカーなど長い荷物も積めるし、ラゲッジの幅はいちばん狭い位置でも98cmあるから、大きな荷物が積みやすいのも嬉しいところだ。up!

 今回、編集部では「イケアで爆買いしてもup!は使えるのか?」を実際にやってみた。結果はご覧のとおり、「これ以上はムリだろう」と思ったお買い上げ品はホイホイ車内に入ってしまい、読みが甘かったことを痛感。

 でも、これだけ積んでもまったく生活感が出ないどころか、ちょっとオシャレに見えるのがup!ならでは。これならいつもの買い物や送り迎えも、ウキウキするお出かけに変わりそうだ。

up!

画像ギャラリー