渋滞の先頭は何をやっているのか? 素朴な疑問を専門家に直撃

渋滞の先頭は何をやっているのか? 素朴な疑問を専門家に直撃

交通容量がいっぱいになると渋滞が発生する

編集部・原田(以下、原):先生。渋滞の先頭は一体なにをしてるんでしょう。

永福ランプ(以下、永福):そんなことを今さらオレに聞くのか。

原:はい。永遠の疑問です。

渋滞の先頭

  

永福:その質問は東大教授の西成活裕先生にしろ。『「渋滞」の先頭はなにをしているのか?』という本をお書きになっている。

原:ホントですか!? でも永福先生が目の前にいるので……。

永福:しからば教えて進ぜよう。渋滞の先頭、というかきっかけは、なんらかの減速である。

原:は? ネコの死体でもあるのでしょうか。

永福:その可能性もある。あるいは合流や車線変更。前提は、交通量が1車線あたり2000台前後まで増え、交通容量ギリギリになっていることだ。その状態では、何をきっかけに渋滞が始まってもおかしくない。ネコの死体でも落ちていれば、確実に渋滞が始まる。

渋滞の先頭

原:渋滞はいつもネコの死体がきっかけなのですね!!

永福:なわけないだろ! 多くの場合は、鈍感ドライバーの無意識な減速がきっかけになっておる。お前のようにボーッとしたドライバーが、わずかな上り坂に気付かずにスピードを落としてしまい、後続車がおっとっととブレーキを踏む。それが徐々に増幅され、ついには停止にいたってしまうのだ。ヘタクソがつい減速してしまうのは、わずかな下り坂から上り坂に切り替わっている場所であることが多く、それを”サグ”と呼ぶ。よって渋滞は、たいてい同じところが先頭になる。そこでヘタクソが必ず減速をかますからだ。

渋滞の先頭

原:じゃ、渋滞の先頭にはヘタクソドライバーがいるんですね!

永福:ずっといるわけではない。本人はまったく自覚のないまま、渋滞のきっかけを作って去って行くのだ。

原:そういえば、渋滞の先頭に行くと大抵なにもありません。

永福:ヘタクソはとっくに去っている。とっちめようとしてもムダだ。

渋滞の先頭

原:じゃ、ヘタクソを減らせば渋滞は減るんですか?

永福:理論的には、渋滞の開始が遅れる可能性は高い。たまたまヘタクソが通過するまで、多少時間がかかることになるからな。しかし、たとえば100人にひとりのヘタクソが、200人にひとりに減ったとしても、渋滞の開始が100台分遅れるだけ。100台通過するのに200秒、つまり3分強しかかからん。

原:ヘタクソが半分になっても、3分しか持たないんですか!

永福:渋滞のきっかけはヘタクソだけではない。カーブだったりトンネルだったりネコの死体だったり、いろいろだ。首都高の場合は合流による減速が渋滞の先頭になることが多い。

渋滞の先頭

原:首都高と東名の渋滞は違うってことですね?

永福:いや、減速がきっかけという点は同じ。要は、交通容量いっぱい近くになれば、どうしても渋滞は発生してしまうということだ。

原:ヘタクソがひとりもいなくなってもですか?

永福:たとえ全車が自動運転になっても、そのセッティング次第で渋滞は起きるだろう。ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)にも、年式やメーカーによって、うまい・ヘタがあるだろ?

原:ガッカリです~。

画像ギャラリー