クレジットカードの利用限度額オーバーでもETC専用はレーンを通過できる?

通過できるがその後のクレジットカード利用に影響がある可能性も

ETCカードでの通行料の支払いは、ベースとなるクレジットカードから支払われる。したがって、そのベースとなるクレジットカード利用可能額の範囲内でしか、基本的にETCカードは使えない。ではクレジットカードがその月の限度額オーバーのとき、ETCレーンを通過しようとしたらどうなるか。ETC専用レーン

 じつはクレジットカード本体の利用が限度額を超えていても、ETCカードが有効期限内であれば問題なくゲートは開き、通行できるようになっている。というのも、高速道路のETCのゲートでは、カードの有効期限など基本的な情報だけが読み取られていて、利用限度額まではチェックする仕組みになっていないからだ。ETC専用レーン通常の店舗でのショッピングの際はカードの有効期限はもちろん、利用限度の範囲内かどうかなど使用可能なカードかどうか、毎回チェックされている。高速道路のETCゲートを通過する数秒の間に、そこまで確認するのは技術的に困難だからだろう。ETC専用レーン

 また、限度額オーバーだということを知らずにETCレーンへ進入し、ゲートが開かなければ事故につながる可能性もある。したがってクレジットカードの利用限度額を超えていても、ETCだけは通常通り利用でき、休日割引や深夜割引など各種のETC割引サービスもそのまま適用される。ETC専用レーン

 とはいえ限度額オーバーのままETCでの通行を繰り返すと、その後のクレジットカード利用に影響を及ぼす可能性があるので要注意。クレジットカードが利用限度額を超えてしまった状態でETCカードを利用しなければならない場合には、あらかじめカード会社に連絡し、一時的な限度額引き上げを申請するのがベストだろう。

画像ギャラリー