1.2リッターターボにFF登場! 人気のコンパクトSUV「トヨタC-HR」が一部改良

特徴的なウインカーを採用したヘッドライトをGグレードに標準装備

 トヨタは、C-HRを一部改良し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、5月7日に発売を開始した。

 C-HRは2016年に登場した、3ナンバーサイズのコンパクトSUV。TNGAに基づくプラットフォームを採用し、1.8リッター+THSIIのハイブリッド(FF)と、1.2リッターターボ(4WD)をラインアップしていた。
トヨタC-HR

 今回の一部改良では、1.2リッターターボ車に待望の2WD(FF)が追加された。このモデルはエントリーグレードという扱いになり、価格も229万円(税込)からと、グッと手が出しやすくなっている。また、全グレードに対し、ボディカラーは、新規設定色ネビュラブルーメタリックを含むモノトーン8色、新規設定色ホワイト×ネビュラブルーメタリックを含むツートーン8色の全16色が設定された。
トヨタC-HR

 さらに、S、S-T以外のグレードに、すべての光源をLED化した大型ヘッドライトを標準装備したことも注目だ。このヘッドライトには以下が含まれる。
トヨタC-HR

・オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ
・LEDシーケンシャルターンランプ(右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯)
・LEDデイライト

 一部改良によってますます商品力を増したC-HR。コンパクトSUVのトップランナーとしてのポジションは揺るぎないものになりそうだ。

画像ギャラリー