【試乗】オヤジ御用達のクラウンをニュルで仕上げた! 新型クラウンは走りで勝負 (1/4ページ)

【試乗】オヤジ御用達のクラウンをニュルで仕上げた! 新型クラウンは走りで勝負

車種は1本に絞って従来のユーザーをグレード展開でカバー

 トヨタ自動車が、旗艦である「クラウン」をフルモデルチェンジする。1955年の初代登場以来、数えて15代目となる新型・クラウンのプロトタイプにクローズドの特設コースで試乗することができた。

新型クラウン

 新型では、従来モデルが高級指向の「マジェスタ」、ベーシックなキャラクターの「ロイヤル」、走りを意識した「アスリート」と特徴別に仕様を分けていたのを廃止し「ノーマル」「G」「G-エグゼクティブ」「RS」という4つのグレードをバリエーション展開することで置き換えている。どのグレードを選んでも、クラウンとして共通の内外装デザインを採用。共通性を持たせてクラウンブランドとして販売数やイメージの強固な確立を目指す考えだ。

新型クラウン

 パワートレインは2リッター直4直噴ターボ+8速スーパーECT、2.5リッター直4ダイナミックフォースエンジン+HV(ハイブリッド)、3.5リッターV6直噴エンジン+HVの3タイプが用意され、2.5リッターHVには4輪駆動(4WD)のE-fourもラインアップされている。

新型クラウン

 今回のモデルではトヨタが提唱する最新のプラットフォームである「TNGA(トヨタ ニュー グローバル アーキテクチュア)」を縦置きエンジンのFRベース車として初めて採用。その高い完成度を確認しつつ、より昇華させるため、クラウン初の、ドイツ・ニュルブルクリンクでの走行試験を行い、走りを鍛えたという。

新型クラウン

 試乗会場には、実際にニュルで走行試験を繰り返した試験車が特殊カモフラージュ模様にラッピングされたまま展示され、雰囲気を高めている。

画像ギャラリー