より走る楽しさを追求したSUBARU BRZの改良モデルが登場

より走る楽しさを追求したSUBARU BRZの改良モデルが登場

細かなチューニングだが気持ちのよい走りを実現

 SUBARUは、FRスポーツクーペのBRZを改良した。BRZは水平対向エンジン+FRレイアウトというパッケージで2012年に発表。以後、走る楽しさに磨きをかけるため、さまざまな改良が施されて進化してきている。

【関連記事】「スポーツカーにモデルチェンジは不要」86とロードスターの開発責任者の本音

BRZ画像はこちら

 今回の改良点は、主にハンドリング性能の向上が目的だ。車体後方の空気の乱流を抑えるために、リヤホイールアーチ部にフィンを追加。それに合わせ、サスペンションのダンパーをチューニングし最適化している。これにより、接地性とコントロール性が高められ、ドライバーが意のままに操れるハンドリングを実現している。

主な改良点は下記の通り。

・リヤアーチフィン追加
・サスペンションのダンパーチューニングを最適化
・ロールケージ形状変更 ※
・シートベルトデザイン変更 ※

※「RA-Racing」のみ

画像ギャラリー