先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

Sクラス譲りの最先端安全装備を備える

 3代目となる新型Bクラスがパリサロン2018で披露された。新型のコンセプトはスポーツツアラーとされ、よりスポーティなモデルとして生まれ変わっている。

【関連記事】【ニッポンの名車】最高峰のメルセデス・ベンツよりも高額だった1780万円の日産車!

Bクラス画像はこちら

 インテリアは大型ワイドスクリーンのメーター&インフォテイメントによるデジタルコクピットとなり、CLAでも採用されたタービン形状のエアコンダクトなども印象的だ。「ヘイ、メルセデス!」と呼ぶと起動するMBUXと呼ばれるユーザーインターフェイスも搭載している。Bクラス画像はこちら

 運転支援システムはSクラス譲りの最新版が搭載され、高い安全性能とコンフォート機能を備えているのも特徴だ。

 エンジンは1.5L直4ディーゼル、1.3L直4ターボ、2L直4ディーゼルの3機種で、出力違いで全5タイプがラインアップ。トランスミッションは2Lディーゼルが新開発の8速DCTを組み合わせている。Bクラス画像はこちら

画像ギャラリー