専用ボディーカラーを採用! フィアット500に限定モデル「 Zaffiro」が登場

専用ボディーカラーを採用! フィアット500に限定モデル「 Zaffiro」が登場

ひと味違うエレガントな仕上がりに

 FCAジャパンは、フィアット500/500Cの限定車「500/500C Zaffiro(以下:ザッフィロ)」を10月13日より販売している。Zaffiroとは、イタリア語で宝石の「サファイア」を意味し、今回の限定車はその名の通り深みのある輝きを放つ専用色「エピックブルー」に身を包んでいる。

 また、その輝きを一層高めるパーツとして、専用デザインの16インチアルミホイールやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジングを採用し、華やかさを演出。内装には、上質なブラウンのフラウ社製レザーシートを装備し、質感の高い仕上がりとなった。

【関連記事】【フェラーリばかりじゃない】ピニンファリーナデザインの意外なクルマ3選

フィアット500/500C Zaffiro画像はこちら

「500/500C ザッフィロ」は、TwinAirエンジン「TwinAir Lounge(ツインエア・ラウンジ)」を搭載しており、走りの楽しさもポイントのひとつだ。

 ボディタイプは、ハッチバックとカブリオレの2種類を設定。なお、販売台数はフィアット500 ザッフィロが限定100台、500C ザッフィロが限定30台となっている。メーカー希望小売価格(税込)は、フィアット500 ザッフィロが269万円、フィアット500C ザッフィロが289万円。フィアット500/500C Zaffiro画像はこちら

画像ギャラリー