4WDも色々ある! 悪路に強いSUVと強くないSUVの違いとは?

4WDも色々ある! 悪路に強いSUVと強くないSUVの違いとは?

見た目は悪路に強そうなSUVでも4WDシステムの差は大きい

 日が沈むのが早くなり、冬の足音が近づいてくると、雪道の支度がはじまる地域もあるだろう。雪道といえば、4WDが強いといわれているが、ひと口に4WDといっても滑りやすい路面に非常に強いタフな4WDもあれば、それほどアドバンテージを持っていない4WDもある。これらはスタイルだけでは、なかなか判別しづらく、見た目はワイルドな感じのSUVでも、じつは滑りやすい路面では2WDに毛が生えたぐらいという車種も……。

 そうしたトラクション面で、特筆できるようなアドバンテージを持たない4WDは、「シティ派SUV」、あるいは「生活四駆」などと呼ばれている。これらの車種には大雑把に二つの特徴があって、ひとつはコンパクトカーや普通のセダンのプラットフォームを流用していること。もうひとつは、4WDシステムそのもの特性といえる。なんちゃってSUV

 FF車がベースで通常はほぼ前輪駆動で走行し、前輪がスリップして後輪との回転差が生じたときに、ビスカスを介して後輪にも駆動力を伝えるスタンバイ式4WDだと、リヤへ駆動力が伝わるのにラグがあったり、基本はFF状態なので滑りやすい路面でも、リヤに伝達されるトルクが小さいなどの欠点がある。要するにリヤへ伝えるトルクは、あくまで補助的と思えばいい。

 これらのSUVは車高がやや高く、ロードクリアランスが広めで、大径タイヤを履いてラゲッジスペースがワゴンのようになっているほか、室内もゆったりし、いかにも悪路に強そうな4WDに見えたとしても、じつは悪路は得意としない。なんちゃってSUV

 本格的なオフロードを意識するなら、ラダーフレームのクロカンSUVが最強だ。

 モノコックボディでもセンターデフ付のフルタイム4WDなら、凸凹路面はともかく、雪道などではかなり強い。悪路ではセンターデフをロックできる、パートタイム4WDや昔ながらのパートタイム4WDも悪路の走破性には定評がある。

 これらに比べれば、シティ派SUVの滑りやすい路面での走破性は、あまり期待できるものではないが、それでも4WDは4WD。よほどの豪雪地帯でない限り、高性能で新しいスタッドレスタイヤさえ履けば、雪道でもまず困ることはない。なんちゃってSUV

 どんなタイプのSUVにも言えることだが、大事なことは4WDだからといって、悪路の走破性を過度に期待しないこと。

 そして環境にあったいいタイヤを履いて、走るルートや路面のコンディションの良さをよく見極めて走るのが何より大切。それさえ守れば、シティ派SUVでもさすがにFF以上の走破性は期待できるため、クルマを選ぶときはどこまで4WDとしての性能が必要なのかをよく考えたうえで、用途に合ったSUVをチョイスしよう。

画像ギャラリー