第2世代GT-Rオーナーに朗報! R32に続きR33&R34も純正補修部品の再生産がスタート!

第2世代GT-Rオーナーに朗報! R32に続きR33&R34も純正補修部品の再生産がスタート!

R32も再生産部品のラインアップがさらに拡大!

 日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルとオーテックジャパンは、国内外問わず今もなお絶大な人気を誇るスカイラインGT-Rの製造廃止となった純正補修部品を再供給する「NISMOヘリテージ」活動を行っている。2017年12月に、第1弾としてBNR32型の純正部品を再生産。ユーザーからの反響をもとに、今回、BCNR33型ならびにBNR34型のパーツも再生産されることが発表された。

【関連記事】「R32・R33・R34」第二世代のスカイラインGT-Rはどれが一番楽しいのか?

GT-R画像はこちら

 今回新たにラインアップされたのは、1995年1月〜1999年1月まで販売されたBCNR33型と、1999年1月〜2002年8月まで販売されたBNR34型。まずは走行に欠かせない外装部品やホース・チューブ類からの再生産が決定し、11月29日より発売されている。GT-R画像はこちら

 また、現在販売されているBNR32GT-R向けには、新たにラインアップを拡充している。走行に必要な部品のほか、ウェザーストリップやバンパーレインフォースといった、長く大切に乗り続けるために必要となってくるアイテムを設定。設定されるアイテム数は第1弾、第2弾と合わせて160部品にまで拡大。国内自動車メーカーの活動としては、最大規模の取り揃えとなる。GT-R画像はこちら

 まだまだ現存台数も多く、大切に維持していきたいと考えている人の多いスカイラインGT-R。今後も再供給アイテムのさらなる拡大を検討しているとのこと。ぜひとも多くの個体を残せるよう、今後の展開に期待したい。

画像ギャラリー