ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】 (1/2ページ)

ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】

マツダ3のセダン・ハッチバックを展示!

 2019年1月11日から行われている東京オートサロン2019。マツダブースのテーマはずばり「マツダの新時代」。それにふさわしく、先日北米LAショーで発表されたばかりのマツダ3、日本名アクセラを3台揃えて来場者を迎える。

マツダ

 マツダ3は日本での市販時期はまだ未定ながら、新しい時代のマツダの象徴であるアクセラを日本のファンにいち早くお披露目したいということで、北米仕様を3台展示したという。

マツダ

 ステージ上にある2台はセダンとハッチバック。そしてフロアに展示されている水色のマツダ3は、カスタマイズパーツを装着したモデルだという。エアロパッケージ、マフラー、車高調整式サスペンション、BBS製ホイール、スポーツペダルなどが変更・装着され、純正パーツと、コンセプト段階のパーツが混合されているものの、エアロパーツはアメリカで市販されている純正パーツだとのこと。新型アクセラの購入を検討しているファンは早くもカスタマイズをイメージできる1台となっている。

マツダ

 新型マツダ3といえば新世代エンジンのスカイアクティブXが注目されるが、残念ながら今回の展示には搭載されていないとのことだ。

画像ギャラリー