もはや絶滅危惧種で乗るならいま! 大排気量NAエンジンを楽しめる国産モデル4選 (2/2ページ)

アメ車ですら消えつつある5リッターV8搭載車が3車種もある!

3)日産フェアレディZ

 フェアレディZは登場から今年で50年という日本車のスポーツカーとしては圧倒的に長い歴史を持つ。現行モデルも今年で登場から11年という時間が経っており、エンジンも古典的な3.7リッターV6を搭載する。

【関連記事】衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

NAエンジン画像はこちら

 現行フェアレディZは「エンジンが官能的か?」と聞かれるとイエスとはあまり言えない。しかしMTなら3速発進もできてしまうくらいの全回転域で図太いトルクは、日本車でありながらアメ車のようで、好きな人にはたまらない魅力がある。

NAエンジン画像はこちら

 この点も含めるとMTはシフトフィールがあまり良くないのも含め、より楽チンなATで乗るのがお勧めだ。

NAエンジン画像はこちら

4)レクサスRC F&レクサスGS F&レクサスLC500

 レクサスでも上位の価格帯に属するこの3台は、アメ車でも減りつつある5リッターV8という、今になると恐竜のようなエンジンを搭載。

NAエンジン画像はこちら

 正しいか正しくないかは別として、溢れるばかりのトルクの太さや擬音化するなら「ドロドロー」というサウンドといったV8エンジンらしさや、それでいてエンジンをレッドゾーンまで回した際の官能的なサウンドといった魅力は捨てがたいものがある。

NAエンジン画像はこちら

 将来的にこのV8エンジンは同等の性能が出せる3.5リッターV6ターボに置換されることも考えられるので、新車で欲しいなら今のうちに買っておくべきかもしれない。

NAエンジン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報