これぞHonda流! レースから商用車までクルマの楽しさ全開のブースで来場者を歓迎【東京オートサロン2019】 (2/2ページ)

N-VANが走るアトリエに!

 N-VANを使って「あなたの夢を叶える。世界に一台のN-VANを作ろう」というプロジェクト、#NVAN Dreamを開催。同車を仕事などにフル活用できるアイディアを募集し、全国から2700件以上の案が集結した。その頂点に輝いた「ART STAND」が晴れて会場でお披露目となった。

ホンダ

 発案者のちひろさんは広島県で活躍中のママさんイラストレーターだ。「みんなが笑顔になって芸術に触れられる場所」をテーマに考えたという。

 ちひろさんのアイディアを見事具現化したのはメイカーズベースの松田さんだ。デザインスケッチを実車に落とし込む際に第一に考えたポイントを尋ねると「画材だけではなく、オムツ入れなどのスペースなど子育てをしながら仕事に集中できるよに工夫をしました」と語ってくれた。

ホンダ

 そのほか同プロジェクトでバイク好きで知られるお笑い芸人のチュートリアル福田さんが発案した「FUKUDA-LAND」も大きな注目を集めた。アルミ板による耐久性強化やMotoGPなどを仲間と一緒に見られるように大きなモニターを設置するなど、モータースポーツ好きにはたまらない仕上がりとなっていた。

ホンダ

 このようにモータースポーツ好きから家族連れまで楽しめる内容となっており、まさに”クルマ好きが集う場”となっていた。

画像ギャラリー