日本車なのに冷めている日本人? トヨタ・スープラ復活を誰よりも喜んだのはアメリカ人という真実 (2/2ページ)

スープラのライバルはあのコルベット!

『スープラ』のライバルはGMシボレー『コルベット』。これは至極当然の関係性である。

 近年、アメリカ市場の売れ筋といえば、『カローラ』『シビック』などのCセグメント、また『カムリ』『アコード』のDセグメントのセダンから、コンパクトSUVやミッドサイズSUVへのシフトが加速している。

 また、以前はアメリカでドル箱だった2ドアクーペ、さらにはそれらのコンバーチブルモデルは車種が一気に減少し、こうしたマーケットもSUVやクロスオーバーへと転移している。

スープラ

 そうしたなか、ハイパワーの2ドアクーペといえば、『コルベット』が筆頭で、シボレー『カマロ』、フォード『マスタング』、ダッジ『チャレンジャー』が中心的存在だ。このラインアップのなかで、やはり『スープラ』と同格といえば、やはり『コルベット』だろう。価格帯でも、パフォーマンス仕様を含めてガチンコライバルになりそうだ。

スープラ

 一方、『スープラ』兄弟車であるBMW『Z4』はライバルにならないのか? あくまでもアメリカ人の発想なのだが、『スープラ』と『Z4』は別モノという意識が強いように思える。『スープラ』のヘリテージ(歴史)が商品イメージで優先されるからだ。

スープラ

 なにはともあり、ついにデビューした新しい『スープラ』。アメリカでどのようなカスタマイズ車が生まれるのか、いまからとても楽しみだ。

画像ギャラリー