不便なだけじゃなく性能悪化も! クルマのローダウンのメリット・デメリットとは (1/2ページ)

不便なだけじゃなく性能悪化も! クルマのローダウンのメリット・デメリットとは

最低地上高は9センチが見た目と実用面でのバランスが良い

 どういうわけだか、むかしからクルマ好きの人間には、「ロー&ワイドなボディ+ぶっといタイヤ=カッコいい」という公式が刷り込まれてしまっている。こうした価値観からすると、車高を下げるのは、手っ取り早く愛車をカッコよく見せる手段になるので、見た目から入りたい人は、とりあえず車高を落として、ホイールを交換というのがドレスアップの定番だ。車高

 保安基準では、最低地上高=9センチ以上という定めがあるが、これはなかなかいい数字。スポーティモデルなら、ノーマル車高から前後ともに30ミリぐらいダウンすると、ちょっと余裕を持って保安基準をクリアでき、なかなか見た目もカッコよくなる。コンビニやファミレスの駐車場などに入る際も、最低地上高が9センチぐらいあれば、あまり下を擦る心配もないので実用的。車高

 ちなみに、保安基準では「ボディを含む構造物以外の、可動する部位」は最低地上高の対象に含まれないことになっていて、灯火類のついていないエアロパーツもそれに該当するので最低地上高は、9センチ以下になっても一応OK。なかには、コンビニに入るときにも気を使うほど、エアロが低いところについているクルマもいるが……。そこまで低いクルマは、「利便性<スタイリング=気合いが入っている」ということをアピールし、認知してもらえるメリットがあるのかもしれない。

画像ギャラリー