発売前にTRDがカスタマイズ! 衝撃的なレーシーさを纏った新型スープラが登場【大阪オートメッセ2019】 (2/2ページ)

TRD製のエアロパーツをふんだんに装着

 GRスープラからの変更点は、主にエアロパーツ。フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツ、トランクスポイラー、ドアガーニッシュがTRD製になっている。

スープラ

 ホイールも19インチの鍛造ホイールを装着(純正は、直6のRSが19インチ、SZ-Rが18インチ、SZが17インチ)。

スープラ

 フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツの3点は、リアルカーボン(ドライカーボン)で、軽量化も図られている。

 ルックス的にも、カーボンの模様を残したクリア塗装で、レーシーな雰囲気と高級感、存在感を演出。

スープラ

 これらのエアロパーツを装着することで、高速域でのさらなる直進安定性の向上を目指している。担当者によると「高速道路を走れば、空気に包みこまれているかのような安定感がドライバーに伝わり、ステアリングの修正舵を入れなくてもストレスなく真っ直ぐ走れるといった、ドライバーの五感(感覚)を重要視して開発を進めました」とのこと。

スープラ

 GRスープラのカスタムパーツは、当然、世界でも初めての発表。ノーマルのパフォーマンスももちろん気になるところだが、TRDのようなワークスをはじめ、各チューナーがどのようにGRスープラをチューニング、カスタマイズしていくかも、いまから非常に楽しみだ。

画像ギャラリー