お金のない若者がこぞって腕を磨いた! かつて走り屋たちに愛されたFF国産スポーツ車13選 (1/2ページ)

お金のない若者がこぞって腕を磨いた! かつて走り屋たちに愛されたFF国産スポーツ車13選

いまなら50万円以下でゲットできる名車も!

 最近ではシビックタイプR(FK8)のように、FFでもターボで320馬力、ボディも大きいなんてスポーツモデルもあるが、かつてのFFスポーツといえば、コンパクトモデルが中心で、若き走り屋のエントリーモデルとして愛されたクルマも多かった。そんなFFスポーツの名車たちを、メーカーごとに振り返ってみよう。

●ホンダ

 FFスポーツといえば、ほとんどホンダの独断場といってもいいだろう。傑作車はいくつもあるが、まずはインテグラタイプR(DC2)から。

FF国産スポーツ

 ちょっとスポーティーな1.8リッタークーペのインテグラを、メーカー自らが本格的なスポーツ仕様にフルチューンしたタイプRはかなり特殊なクルマだった。

 エンジンは、もともとVTECでリッター100馬力もあったB18に、約60もの専用部品を新たに開発し、手作業によるポート研磨まで行って200馬力にまでチューニング。量産NAエンジンとしては世界最高レベルの性能を発揮したB18Cを搭載。

FF国産スポーツ

 サスペンションも車高を15mm落とし、バネレートとダンパーを強化。車重を40kgも軽量化する一方で、ボディ剛性は大幅にアップ。ヘリカルLSDが標準で、FF嫌いの人をも唸らせるほど、良好なハンドリングに仕上がっていて、“曲がるFF”の先駆けとなった。そしてあのパフォーマンスが、新車で222.8万円だったのもビックリ!!

 またホンダといえば歴代シビックも、レースからストリートまで大活躍している。とくにグランドシビック(EF9)は、4輪ダブルウィッシュボーンサスとVTECエンジン(B16A)を武器に、グループAレースやS耐でも輝かしい成績を残している(1990年の筑波ナイター9時間では、GT-Rを押さえて総合優勝)。

FF国産スポーツ

 初代シビックタイプRのEK9も名車のひとつ。185馬力までチューニングされたB16Bエンジンと、サイズアップされたブレーキ、ねじれ剛性が35%もアップされたボディに、約30kgも軽量化。1998年の十勝24時間レースでは、GT-R、ランサーを破って優勝している。

FF国産スポーツ

 シビックの兄弟車のCR-X(EF8)も、コンパクトで個性的なボディが魅力で、走りのレベルは高かった。

FF国産スポーツ

 もう一台、2代目シティ=GA2も隠れた名車。

FF国産スポーツ

 1.3リッターで100馬力のエンジンを780kgの軽量ボディに搭載し、低重心で剛性の高いボディと、抜群の回頭性とコントロール性を誇り、ジムカーナでは無敵の存在だった。

●トヨタ

 トヨタのFFスポーツといえば、やっぱりスターレット。スターレット初のFF、EP71は「かっとびスターレット」、EP82は「青春のスターレット」、そして最終モデルのEP91。

FF国産スポーツ

 むかしの走り屋は、1.3リッターのこのクラスから入門して、1.6リッターのシビックやレビン・トレノにステップアップするというパターンが多かった。

 とくにスターレットは、価格が安く、1.3リッター+ターボでパワフル、チューニングパーツも豊富だったのが魅力。レースでも入門クラスの「富士チャンピオンレース」では、実質的にNAのスターレットのワンメイククラスがあったほど(N1400クラス)メジャーな車種だった。

 AE92、AE101、AE111のレビン・トレノも、メジャーなFFスポーツだが、シビック勢にはパフォーマンスの面で差をつけられていたので……。

FF国産スポーツ

  

 トヨタでもう一台上げるとすれば、7代目セリカT230。歴代セリカの中では、モータースポーツでのイメージも薄く、ちょっと地味な存在だが、FF専用シャシーに、バイザッハアクスル式ダブルウイッシュボーンのリヤサスを採用。

FF国産スポーツ

 1100㎏と車体も軽く、ハンドリングはかなり上々。中古車の平均価格も50万円以下にまで下がっているので、けっこう狙い目な一台だ。

画像ギャラリー