アルピーヌA110を見て・触れて・味わえるチャンス! 六本木に期間限定でギャラリーがオープン

アルピーヌA110を見て・触れて・味わえるチャンス! 六本木に期間限定でギャラリーがオープン

「ピュア」「リネージ」2台のアルピーヌA110がお出迎え

 1960年代にフランスのアルピーヌが登場させたA110。ラリーシーンで活躍したこともあり、1970年代に生産終了となったにも関わらず、現在でもオリジナルA110のファンは多い。そして2017年、アルピーヌブランドが復活し、新たなA110が登場。日本にも導入が始まった。

アルピーヌA110

 そんな新型A110に興味のある人に向け、実車を見て、触って、理解を深めることのできる「アルピーヌ ギャラリー」が、東京都港区・六本木ヒルズ内に期間限定で開設される。今回オープンに先駆けて報道陣に公開されたのでお届けしよう。

アルピーヌA110

 ギャラリー内に入ると、2台のA110がお目見え。グレーのA110はリネージ、ブルーのA110はピュアと、2グレードともじっくり実車を確認できる。とはいえコチラはあくまでギャラリーであり、商談する場ではなく当然購入もできない。

アルピーヌA110

 じつはこのアルピーヌA110、反響が大きいものの、ディーラーはオープンしているものが全国で14店舗のみとなる。そこで期間限定ではあるもののギャラリーをオープンして、アルピーヌについて知ってもらおうという試みなのだ。

アルピーヌA110

 そういう意味合いもあって、このギャラリーはWEBサイトからの予約制をとっている。予約を行って訪れると、ゆったりと置かれた席で展示された実車を見ながら、専任スタッフによる説明を受けることが可能。

アルピーヌA110

 さらにギャラリー内にはグッズも充実。アパレルから工具、ミニカーなど、アルピーヌファン垂涎のアイテムがズラリと並べられている。ただしクルマ同様グッズもこの場で購入はできない。入手するにはWEBショップ、もしくはディーラーとなるが、ベルトやサングラス、バッグなどの「エレガンス商品」はディーラーのみの取り扱いとなるそうだ。

アルピーヌA110

 もうひとつ、このギャラリーの楽しみが、ピエール・エルメのお菓子を味わえること。予約をして訪れると、マフィン、マカロン、サブレをセットにして提供してくれるという。ちなみにサブレは2枚あり、3月1日発売となる新作が含まれる。つまり2月中にギャラリーに行けば、先行して食すことができるというワケだ。クルマももちろんだが、このカフェコーナーもアルピーヌの世界感を表現するのにピッタリの演出だろう。

アルピーヌA110

 【アルピーヌ ギャラリー概要】
場所:
ヒルズ カフェ/スペース
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ 森タワー ヒルサイド2F
http://www.roppongihills.com/access/

 開催期間:
2月16日(土)~3月3日(日)

 時間:
13:00~20:00(月-木曜日)
11:00~20:00(金-日曜日)

 予約方法:
WEB:https://reserva.be/alpinegallery
電話:0800-1238-110(9:00〜18:00)

画像ギャラリー