車両代込1000万円オーバー!? 無限のシビックタイプRコンプリート「RC20GT」の本気度【大阪オートメッセ2019】 (1/2ページ)

車両代込1000万円オーバー!? 無限のシビックタイプRコンプリート「RC20GT」の本気度【大阪オートメッセ2019】

GTマシンをも越えるような迫力のスタイリングに注目!

 2月9日より11日までインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールのHonda/無限ブースには、「CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」(以下、RC20GT)と、そこから生まれたノウハウを注ぎ込み、開発中のパーツを装着した「MUGEN CIVIC TYPE R Prototype」(以下、無限シビックR)が展示された。

 RC20GTでまず目を引くのは、ノーマルの時点で迫力がありすぎるほどのシビックRをさらにレーシーに仕立て上げたエアロの数々だろう。ボンネットにフロントグリル、前後バンパー、フロントリップ&サイドスポイラー、リヤドアスポイラー、ドアミラーカバー、そして角度調整式のリヤウイングに至るまで、すべてドライカーボン製だ。さらにはマフラーもチタン製とすることで、車両全体で46kgもの軽量化に成功している。オートメッセ

 エアロは無論、ドレスアップのためだけのものではない。前後ダウンフォースを約3倍に高めながら、ノーマルの時点ですでに課題があるという熱への対策を講じるべく、外気をより多く取り込みつつ抜くよう、バンパー内側の流路を含めて形状を変更。さらにエンジンオイルクーラーのコアをフロントに3カ所設置した。そしてそのエンジンは吸排気系の変更のみに留まらず、各部のクリアランス調整やバランス取りを施すという力の入れようだ。オートメッセ

画像ギャラリー