走り好きのクルマ仲間から「お前もひよったな……」と言われないファミリーカー5選 (1/2ページ)

走り好きのクルマ仲間から「お前もひよったな……」と言われないファミリーカー5選

王道のセダンならきっと奥様も納得してくれるハズ

 スポーツカーが好きで、走ることが好きで、これからもずっと愛するクルマと生きていきたい。仲間たちと「もし子供ができてもミニバンだけには乗るものか」と約束だってした……。そんな男が家庭を持った時、もっとも恐ろしいのは奥様のひとことでしょう。「もっと使えるクルマにしてくれない?」。

ファミリーカー

 そのひとことを言わせないために、子供をチャイルドシートに乗せるのも、荷物を積むのも、ぜんぶ自分がやる。奥様には決して面倒をかけない。そう、必死になって頑張っているスポーツハッチバック乗りの男性もいます。

 ただ、奥様が運転をしない人ならそれでいいかもしれませんが、平日の昼間は奥様が買い物や送り迎えなどで子供を乗せて使うという場合は、スポーツカーを押し通すなんて至難の技。もう観念するしかないでしょうね。

ファミリーカー

 そこでまた怖いのは、いかにもなファミリーカーを買って、仲間たちから「お前もひよったな」というひとことをお見舞いされること。仕方ないんだ、家族のためなんだ、と言い訳しても後の祭りというヤツです。

 でも、ここで一発逆転をぶちかますことだてできます! 仲間たちに「お、その手があったか〜」と感心されるような、走りがいいけどじつはファミリーユースも大得意な、隠れファミリーカーを探せばいいのです。

 後席が広くて、荷物もたくさん積めるという奥様の要望を満たしつつ、ひとたび走り出せば全身の血が沸き立つような興奮が味わえるクルマ。今回はそんな「その手があったかファミリーカー」たちをご紹介しますね。

1)ホンダ・シビックセダン

 まず最初は、価格もちょっと控えめなのが嬉しい、ホンダ・シビックセダン。シビックというと、ハッチバックばかりが注目されがちですが、なかなかどうしてセダンだって、その気になって走らせたら相当な楽しさです。

ファミリーカー

 ミッションこそCVTのみになってしまいますが、ホンダ独自のVTEC1.5リッターターボエンジンは、直噴システムや電動ウェイストゲート付きターボなどの技術が効いて、高回転まで伸びやかな気持ち良さ。大幅に剛性アップしたボディや、走り込みを重ねた足まわりのセッティングも、満足度高いです。

ファミリーカー

 デザインはクーペのようですが、後席のゆとりはしっかりあり、頭上スペースも余裕。トランクはこのクラスのセダンとしてはかなり大きく、519リットルの大容量でベビーカーだってラクラク積めます。さらに、レギュラーガソリン仕様というのも奥様のご機嫌を取ってくれそうですよね。

ファミリーカー

2)スバルWRX

 お次はモータースポーツの香りがあちこちからプンプンと漂ってくるけれど、知らない人はほとんどその凄さに気がつかない、スバルWRX。よりスポーティなSTIグレードでも、見た目にはS4との違いがわかりにくいので、奥様が気づかないうちにSTIを買っちゃうというのもアリですね。

ファミリーカー

 2リッター水平対向ターボエンジンに、スバル独自の4WDであるシンメトリカルAWDのコンビが繰り出す走りは、308馬力/422N・m(STI)の怒涛の加速とグイグイ曲がるド迫力で、まさにWRC気分。それなのに、街中を普通に走る時には驚くほど扱いやすく、乗り心地も良いのがファミリー向けです。

ファミリーカー

画像ギャラリー