透過率をクリアしたフィルムなのに違反? クルマのウインドウフィルムの効果と思わぬ落とし穴 (1/2ページ)

透過率をクリアしたフィルムなのに違反? クルマのウインドウフィルムの効果と思わぬ落とし穴

じつはスモークガラスは熱をカットできない

 最近の国産車では、ほぼすべてのクルマでスモークガラス(プライバシーガラス)が標準で装備されるようになり、ウインドウフィルムを貼ることは減ってきたかもしれないが、断熱効果、つまりIRカット効果のある透明フィルムは人気がある。貼ると夏の太陽特有のジリジリした熱さが緩和されたりするし、エアコンの負担も減る。

カーフィルム

 よく勘違いしがちなのだが、スモークは肌に有害な紫外線をカットするだけで、じつは熱はカットしない。熱源である赤外線をカットしないと熱さはカットできないのだ。そのため標準でスモークガラスだとしても、別途、断熱フィルムを貼るのは有効だ。

 そもそもウインドウフィルムの色、つまり透過率についての定めをおさらいしておくと、フロント3面(前と横2面)は可視光線透過率が70パーセント以上ないとダメ。70パーセント以上というと、少し色がなにか付いているかな程度だ。逆にフロント3面以外のリヤまわりはどんな濃さでも問題なく、まったく向こうが見えない真っ黒でもOKではある。

カーフィルム

画像ギャラリー