トヨタGRスープラに新たなレースマシン! GT4コンセプトカーがジュネーブショーで世界初披露

トヨタGRスープラに新たなレースマシン! GT4コンセプトカーがジュネーブショーで世界初披露

欧州のモータースポーツ拠点が開発を担当

 トヨタ自動車は、3月7日(木)〜17日(日)まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーに、話題のGRスープラをベースにしたレーシングカー「GR Supra GT4 Concept」をワールド・プレミアする。スープラ

 レーシングモデルのコンセプトカーは、TOYOTA GAZOO Racingとして初のグローバルモデルであるGR Supraをベースに、レーシングスタディモデルのひとつとして製作されている。カスタマーモータースポーツの可能性を検討するため、GT4カテゴリーが盛んな欧州のモータースポーツ拠点であるドイツのトヨタモータースポーツ有限会社が開発を担当した。スープラ

 GT4は欧州をはじめアメリカでも人気の高いカスタマーモータースポーツのカテゴリー。同じく市販車をベースにするGT3カテゴリーよりも、もっと市販車に近い改造範囲となり、このマシンをユーザーが購入し、国内のスーパー耐久をはじめ、ドイツのVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)といった世界中のレースに参戦が可能だ。スープラ

 GRスープラは、市販車でも軽量/低重心/高剛性などの性能をもち、ベース車両としても相応しいクルマである。このコンセプトモデルはさらなる軽量化をはじめ、ロールケージ/専用サスペンション/ブレーキ/リヤウイングといったレーシングカー専用部品を備えている。スープラ

 歴代モデルは国内外の数多くのモータースポーツカテゴリに参戦したきた。この新型もその伝統を引き継いでいくとのこと。2019年はNASCARのエクスフィニティシリーズをはじめ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラス)に参戦が決まっている。また、2020年にはスーパーGT GT500クラスへの参戦も予定されている。このGT4カテゴリーマシンが発売されれば、さらにGR Supraが世界中のモータースポーツシーンで活躍することになるだろう。

画像ギャラリー