新型プジョー508はクーペのような美しすぎるデザイン! 革新的な中身で走りも期待大 (1/2ページ)

新型プジョー508はクーペのような美しすぎるデザイン! 革新的な中身で走りも期待大

独創的な内外装は他に類を見ないデザイン

 プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、プジョーブランドのフラグシップとなる「508」の日本仕様を発売。8年ぶりとなるフルモデルチェンジで車両全体に大胆なデザインを施し、サルーンの概念を大きく変えてきた。新型508はリヤエンドに向けて一気に傾斜するルーフラインを持つ「4ドアファストバック」となり、低くて美しい、スポーティなデザインに仕上がっている。

プジョー508

  

 ボディサイズは全長4750mm、全幅1860mm、全高1420mmと先代モデルに比べてコンパクトに仕上げられた。とくに全高を先代比で35mm下げたことで、よりワイドで独創的なプロポーションとなっている。フロント部は切り立ったフロントグリルとフルLEDライトで構成したことで、引き締まった印象を与える。ドアは窓枠のないサッシュレス構造とし、ボディの滑らかさを引き立たせている。

プジョー508

 インテリアには、外観に呼応する「Peugeot i-Cockpit」を採用。ヘッドアップディスプレイ(HUD)には6種類の表示モードを設け、オーナーの好みに応じてカスタマイズできる。HUDは運転席から見やすいステアリングホイールの上部に位置しており、ドライバーの視線移動を最小限に抑えることで、安全性をも高めた。また、インパネ中央にはナビや空調、ラジオなどの主要な機能にダイレクトにアクセスできる7つのトグルスイッチを下部に配した8インチのタッチスクリーンを装備している。

プジョー508

画像ギャラリー