大人気のシティとモトコンポが並ぶ! M・M思想を表現したホンダ・ブースに注目【オートモビルカウンシル2019】

大人気のシティとモトコンポが並ぶ! M・M思想を表現したホンダ・ブースに注目【オートモビルカウンシル2019】

1980年代にリリースした製品を展示

 ホンダは2019年4月5日(金)〜7日(日)までの3日間、千葉県・幕張メッセで開催されるオートモビルカウンシル2019に出展することを発表した。今回のブーステーマは「Honda ものづくり―継承されるM・M思想〜生活を豊かにする”人中心“のコンセプト〜」に設定し、1980年代に発売された製品と現代の製品を展示する。

【関連記事】右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

オートモビルカウンシル画像はこちら

 会場には1981年に登場した「CITY(シティ)」と2018年に発売した「N―VAN(エヌバン)」を並べる。長く受け継がれている「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」という、ホンダのクルマづくりの基本思想「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を伝えていく。

オートモビルカウンシル画像はこちら

 またシティと同時に販売された、折りたたみ式のシティ搭載用トランクバイク「MOTOCOMPO(モトコンポ)」と、同時期に販売された携帯発電機「デンタ」も会場で披露する。2018年式「クロスカブ50」やハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」と合わせて見せることで、新旧の製品を比較できるようにした。

オートモビルカウンシル画像はこちら

 ほかにもホンダのデザインスタジオが製作した出展モデルと同色のシティ、モトコンポ、デンタの1/4スケール模型を用意する。二輪と四輪、そしてパワープロダクツと幅広く事業を展開するホンダのユニークさがひと目でわかるブースとなっている。

オートモビルカウンシル画像はこちら

 自動車メーカーの4社5ブランドが共同で出展するブースには、ホンダがピニンファリーナ社の技術協力を得て開発し、1984年に発売したオープンモデル「シティカブリオレ」を展示する。シティカブリオレは専用色を含めた12色のボディカラーを取りそろえ、使い勝手に合わせた2タイプのシートを用意するなど、オーダーメイド感覚で選べることから、当時「国産で唯一のファッショナブルなオープンカー」と称されていた。

画像ギャラリー


新着情報