パクリ車は過去の話! ハイブリッドでも日本を凌駕する中国車が日本車を追い越す可能性 (1/2ページ)

パクリ車は過去の話! ハイブリッドでも日本を凌駕する中国車が日本車を追い越す可能性

欧州車で搭載が進む48Vハイブリッドを日本車よりも早く採用

 2018年春に開催された北京モーターショーで、中国浙江吉利控股集団(以下:ジーリー)の“博瑞GE”というセダンに、1500ccターボエンジンベースの、48Vマイルドハイブリッドユニットが搭載され発表された。中国車

 欧州、とくにドイツ系ではプレミアムブランドが盛んにこの48Vマイルドハイブリッドユニットの搭載を進めているが、日系ブランドがマゴマゴしているうちに、中国車が先に搭載してしまったことになる。新車販売市場がまだまだ成長期の段階ということもあり、世界のトレンドに敏感でいち早く取り入れるそのレスポンスの良さは、残念ながらいまの日系ブランドでは感じることができないのが残念である。

 そして今回の上海ショーでジーリーブースを訪れると、コンパクトハッチバックのGSやコンパクトSUVの展示車にも、48Vマイルドハイブリッドユニット搭載モデルが展示されていた。中国車

 中国が進めているNEV(新エネルギー車/新能源車)規制の対象はFCHEV、BEV、PHEVのみとなっており、マイルドかどうかに関係なくHEVは対象外となっているのに、ジーリーはMHEVの採用に積極的なように見える。生臭い話をすれば開発コスト償却のためにも搭載車種の拡大は必要だろうが、もちろんほかにも狙いがあるはずだ。

画像ギャラリー