ステーションワゴンの雄「ホンダ・シャトル」がマイチェンで内外装デザインを刷新!

ステーションワゴンの雄「ホンダ・シャトル」がマイチェンで内外装デザインを刷新!

デザインの変更と共に安全及び室内装備も充実

 ホンダは2019年5月10日、コンパクトステーションワゴン「シャトル」を一部改良し、内外装デザインを刷新して発売する。価格(消費税込み)は177万5520円〜272万1600円。

シャトル

 シャトルは5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトボディーや優れた燃費性能、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトが生み出す多彩なシートアレンジなどの広く快適な室内空間が特徴だ。

シャトル

 今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新した。低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後のバンパーとフォグライト※1の形状を変更している。

シャトル

 リヤビューのシャープさを際立たせるため、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新した。また、アウタードアハンドル※2やサイドシルモール※2、前後バンパーまわり※1などにクロームメッキパーツを配して上質感を高めている。

シャトル

 インテリアの加飾にはピアノブラック※2を採用したほか、シートデザインの刷新や本革シート※2を新設定することで質感を高めた。使い勝手を向上するため、リアセンターアームレストにカップホルダーを追加※3している。

 ほかにも、防音材の見直しによる静粛性の向上※3、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」にオートハイビームの追加※4なども行った。前走車や対向車を検知して自動で切り替えし、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度を低減するなど、商品の魅力を高めている。

 ボディーカラーは新色のブリティッシュグリーン・パールを含めて8色を展開する。

※1 HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSING/LEDヘッドライト装着車に設定
※2 HYBRID Z・Honda SENSINGに設定
※3 HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSINGに設定
※4 LEDヘッドライト装着車に設定

画像ギャラリー