上質な走りの日産リーフがついに高級な内外装を纏った! リーフAUTECHのオトナな世界 (2/2ページ)

見て触れて感じられる上質な室内空間

 インテリアはブルーレザレット&クリスタルスエードのコンビシートに、ダブルステッチを採用したドアトリムやブラック/ブルーコンビの本革ステアリング、ダークグレーをベースにブルーに光るパールをあしらったダークウッド調インストパネルなどを採用。

リーフAUTECH

 ちなみにシートに採用されるクリスタルスエードはAUTECHのために開発された素材で、スエードでは珍しい光沢のある質感と肌触りの良さが特長で、座り心地や快適性にも寄与。シート柄は「湘南の波」をイメージしてデザインされているという。

リーフAUTECH

 また、ダークウッド調インストパネルは木目の凹凸も再現されており、見た目のみならず実際に触った時の触感の良さにもこだわっている。更に各部に使われているステッチはノーマルと同じ青と思いきや、これもAUTECH専用カラーである。非常に細かい部分だが全体のバランスのためには手を抜けない部分だそうだ。

リーフAUTECH

 これらの変更により、質感はもちろんプレステージ性も大きく引き上げられているが、いわゆる古典的な高級感ではなく先進性を損なわずに洗練&スタイリッシュな高級感に仕立てられている点がAUTECHの“個性”でもある。

リーフAUTECH

 このように内外装共にノーマルのデザインを活かしながらAUTECH独自の個性をプラスさせるトータルコーディネイトは、まさに「大人が似合うリーフ」であり、長年ファクトリーカスタムを行ない、ベース車の良し悪しを知るオーテックジャパンのクラフトマンシップが色濃く発揮されている。

リーフAUTECH

 今回はメカニズムに関する変更はないが、駆動用バッテリー40Whのリーフと60kWhのリーフe+両方に設定されるのは嬉しいポイントである。個人的にはやっと走りに見合う内外装のバランスが整ったかな……と思っているが、航続距離が伸びたノートe+のほうには、NISMOとは異なるグランドツーリングを重視させたセットのフットワーク系チューニングも見てみたい。

リーフAUTECH

 価格はベース車(X)の25万円高(税別)と、見た目や質感の変化を考えるとかなりお買い得な設定なのもポイントの一つだろう。メーカーOPも豊富だが、プロパイロット&プロパイロットパーキングとBOSE製オーディオはぜひ装着したいアイテムだ。

リーフAUTECH

リーフAUTECH

  

画像ギャラリー