年々規模は拡大! ルノー・カングーの祭典「カングー ジャンボリー 2019」の愛されっぷり (1/2ページ)

年々規模は拡大! ルノー・カングーの祭典「カングー ジャンボリー 2019」の愛されっぷり

富士の麓をカングーが埋め尽くす!

 今年で11回目の開催となる「ルノー カングー ジャンボリー 2019」が5月19日に開催。昨年を341台上回り過去最多となる1714台と5011人の来場者が山梨県山中湖交流プラザ「きらら」に集結した。

カングージャンボリー

 ルノー・ジャポンが主催する「カングー ジャンボリー」はフレンチスタイルの休日を楽しむイベントとして2008年から行なわれている。今ではイベントに参加するためにクルマを購入するオーナーもいるというのだから、カングーの愛されっぷりが理解できるというものだ。

カングージャンボリー

 ルノーと聞くだけでコアなファンが多いと思われがちだが、このイベントでは、会場を訪れた誰もが楽しめるコンテンツが充実している。たとえば、フリーマーケット、マルシェ、キッチンカー、大道芸、ルノーオフィシャルショップ先行販売のアイテムや塗り絵などといった催し物が展開されているため、仮にカングーを知らない人でも楽しい1日を過ごせるほどだ。

カングージャンボリー

 また、参加型コンテンツとして「B3.LEAGUE」所属のプロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」によるバスケットボール教室や、ルノー ジャポンがサポートするトレイルランナー上田瑠偉選手と山中湖岬を一緒に走る企画、愛犬と飼い主によるペットスポーツで、『ドッグエクストリームチャンピオン競技』を開催するなど、友達や子供連れの家族でもイベントを満喫できる内容となっている。

カングージャンボリー

 早朝5時のゲートオープンより続々とカングーが「原っぱエリア」と「広っぱエリア」に駐車され、スペースが埋まっていく。このエリアに入りきらなかったクルマは別の5つの駐車エリアに誘導されるが、そこもすぐに満車となってしまうほどの盛況ぶりだった。

カングージャンボリー

 参加者はこれといってとくに何かをするわけではなく、各々が家族や愛犬と散歩したり、持ち合わせた料理を食べたり、愛車の自慢話に華を咲かせ、お互いの情報交換を行なうなどオーナー同士の交流の場となっている。

カングージャンボリー

 イベント開会式ではルノー・ジャポン大極 司社長がオーケストラの演奏をバックに登場。「最初に雨が降ってきて、私の雨男ぶりが発揮されたかなと思いましたが、皆さんの熱い情熱とパッションでなんとか天気が回復し、熱い情熱で雲を吹き飛ばし、富士山が見えるまでにしていきたいですね」と挨拶のコメントを述べた。

カングージャンボリー

 山中湖村・村長の高村文教さんは「カングー渋滞にハマり開会式に遅くなりまして、すみません! 昨年以上の来場者に感謝しております。山中湖には観光施設もたくさんあります。温泉もあり、花の都公園ではたくさんのチューリップが咲いています。ぜひ、お帰りの際にお寄り頂ければと思います」と語った。

カングージャンボリー

画像ギャラリー