改造車は中古市場で嫌われる? 下取り額や売却価格が安いというウワサは本当か (1/2ページ)

改造車は中古市場で嫌われる? 下取り額や売却価格が安いというウワサは本当か

オンリーワンで仕立てられたクルマは万人受けしにくい

 クルマを手放すときは少しでも高く売りたいというのが人情。しかし、カスタマイズが施されている車両はノーマルの状態の車両よりも買い取り額が下がるという話を聞いたことはないだろうか?

【関連記事】【今さら聞けない】改造車と一口に言うけどどんな種類がある?

改造車画像はこちら

 これは今でも同じ状態なのか? というと、これは状況にもよると言える。たとえば、ボディ加工を伴うような元に戻すことが事実上不可能なカスタマイズが施されている場合は、相対的に買い取り額は下がる傾向にある。もちろん、そういった車種を専門に扱うところであれば、一般的な買い取り店よりも高い価格で買い取ってくれる可能性もあるが、それでもノーマルの状態の車種に比べれば安くなってしまうだろう。

 それはなぜかと言うと、いくら専門店とはいえ、そういった車種を求めるユーザーは限定されてしまう。一方でノーマル状態であれば欲しいと思う人の数は圧倒的に多くなるためだ。いつ売れるかわからないよりは、一定数以上の引き合いがあるほうが売りやすいのは当然で、売りやすいほうが買い取り価格も高くなるというワケなのである。改造車画像はこちら

画像ギャラリー