「ディーラー」or「カー用品店」でメンテナンス! 3年後の愛車の程度に差はでるのか (1/2ページ)

「ディーラー」or「カー用品店」でメンテナンス! 3年後の愛車の程度に差はでるのか

ディーラーの整備士が用品店に転職するケースが増えている

 どんなにクルマが進化しようとも、ボディケアも含めてメンテナンスをしっかり行ったクルマとそうでないクルマの程度の差は年数が経つに従って出てくる。機械である以上、仕方がないことだ。ではディーラー、またはカー用品店で整備を受けたのとでは、3年後のクルマに違いは出てくるのだろうか?

【関連記事】【意外と知らない】日頃のメンテナンスが車検費用を左右する!

メンテナンス画像はこちら

 結論から言うと、いまはそれほど差がないというのが正直なところ。「用品店でのメンテナンスは不安でオイル交換すらしない」という人もいるだろうし、その気持ちもわからないではないが、最近は少々事情が変わってきているのも事実。それはなにかというと、ディーラーにいた整備スタッフが用品店に転職する例が増えているのだ。給料や待遇面などが理由のようだが、二級整備士はもちろん一級整備士の資格をもったスタッフまでいる。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報