日本のジャズの聖地「ブルーノート東京」とコラボしたスペシャルなミニ・クラブマンが登場

日本のジャズの聖地「ブルーノート東京」とコラボしたスペシャルなミニ・クラブマンが登場

オトナの雰囲気満点のオシャレな1台

 ビー・エム・ダブリューは2019年5月22日、ミニ・クーパーDクラブマンをベースに、東京・南青山にあるジャズクラブ「Blue Note Tokyo」とコラボレーションした限定車の「MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition」を発売した。

 限定車は日本のジャズの聖地であるブルーノート東京と、プレミアムで洗練されたモデルとして本質を知る大人に支持されてきたミニ・クラブマンがコラボし、大人のドライブに欠かせないジャズをテーマに細部までこだわり抜いた。ミニ

 ボディカラーは人気の高い「ミッドナイト・ブラック・メタリック」と限定色「ホワイト・シルバー・メタリック」の2色を用意し、それぞれジャズを代表するピアノとブラス・セッションをイメージしている。価格(税込み)はブラック、シルバーともに447万円。ミニ

 エクステリアには、五線譜と楽器の弦をモチーフにしたオリジナルデザインのボンネットとサイドのストライプを用いている。色味を抑えた上品なシルバーのラインに、ブルーノート東京のイメージカラーであるブルーのアクセントラインが入ったスタイリッシュなデザインをあしらった。それぞれのボディカラーに合わせて、微妙な色調整を施したこだわりようだ。ミニ

 また専用サイド・スカットルは、MINI Blue Note Tokyoのロゴを入れたオリジナルデザインを採用し、Cピラーにもロゴ入りのブルーの専用エンブレムを装備するなど、オリジナリティあふれるデザインを取り入れた。ミニ

 車内にもブルーノート東京の空間をイメージしたデザインを組み込み、モダンでシックな世界観を演出している。室内全体をブラックで統一したほか、シートにはレザレット・シートカーボン・ブラック、ルーフの内張は専用のアンスラサイトを採用。インテリア・サーフェスには初採用となるMINI Yoursインテリア・スタイルピアノ・ブラック・イルミネーテッドを装備し、LEDのイルミネーションがドアトリムの曲線を美しく浮かび上がらせるアクセントとなっている。ミニ

 もちろん安全装備も抜かりはない。運転支援システムであるアクティブ・クルーズ・コントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備。また、ナビゲーションシステムはタッチパネル機能とともに、手元でも操作可能なMINIコントローラーを備え、リヤビューカメラやパーク・ディスタンス・コントロール(リヤ)、LEDデイライト・リング、LEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプなどを特別装備している。ミニ

画像ギャラリー