2020年から「オート機能」が義務化! クルマの早めのライト点灯はなぜ重要なのか (1/2ページ)

2020年から「オート機能」が義務化! クルマの早めのライト点灯はなぜ重要なのか

日没の時間帯に死亡事故が多発している

 国土交通省は、2020年4月から販売される乗用車(新型車のみ)に対し、周囲の明るさを検知して、自動的にヘッドライトを点灯/消灯する「オートライト機能」の搭載が義務付けている。

 現時点でも「オートライト機能」がついているクルマも珍しくなく、JAFの調べでは、すでに3割のクルマには「オートライト機能」がついているとのことだが、現行車では、AUTOの他に、手動によるON/OFF機能もついているはず。

 これが来年「オートライト機能」の義務化となると、走行中は周囲の照度が1000ルクス未満になると強制的に点灯され、7000ルクス以上にならないと消灯しないというのが、保安基準の条件になるのが大きな違い。

 ちなみに照度1000ルクス未満とは、「晴天の日の日没15分ほど前の明るさ」が基準。なぜこのような義務化が導入されるかというと、それは日没の頃の「薄暮時間帯」に、交通死亡事故が集中しているため。

ライト点灯

 警察庁の資料によると、死亡事故は、一日の中で日没時刻と重なる時間帯である17時台~19時台においてもっとも多く発生している。

 そして死亡事故を当事者別に見てみると、薄暮時間帯には、自動車と歩行者が衝突する事故がもっとも多く発生しており、とくに65歳以上の高齢歩行者が死亡する事故が多く、男女別では、男性に比べて女性が事故に遭う件数が多いことがわかっている。

◆警察庁「薄暮時間帯における交通事故防止」(https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/hakubo.html

画像ギャラリー