排ガス規制で消えゆくクルマもあったが意欲作も登場! 平成14年誕生の名車&迷車5選 (1/2ページ)

排ガス規制で消えゆくクルマもあったが意欲作も登場! 平成14年誕生の名車&迷車5選

苦しい時代ながらも挑戦的なモデルが多数登場した

 5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時代であった。

 激動だったのは日本車の大躍進や次々と変わったユーザーの志向の変化など、時代を映す鏡とも言われるクルマも同じ。そこで平成の終わりを期に、平成を駆け抜けたインパクトあるクルマを良かったほう、悪かったほう含めて振り返ってみたいと思う。平成元年からスタートした本企画も14回目。平成14年誕生のクルマを紹介しよう。

■平成14年ってどんな年?

この年は日本と韓国の共同開催の形で、アジア初となるサッカーワールドカップが5月から6月にかけて開催されたことが最大の話題だった(日本はベスト16に進出)。自動車業界では排ガス規制の強化により、2代目トヨタ・スープラ、日産シルビア、日産スカイラインGT-R、マツダRX-7が対応を行わず姿を消すという残念な動きがあった年でもあった。

1)トヨタWillサイファ

 異業種とトヨタのコラボレーションの第三弾として登場したコンパクトカー。クルマ自体は初代ヴィッツがベースで、個性的なスタイルが目立つくらいである。

平成14年のクルマ

 しかしサイファは通信型カーナビの先駆けであるG-BOOKを搭載し、走行距離に応じ課金するリースプランを用意しており、このことは今になると現代のコネクテッドカーや変化するクルマの持ち方を予見するものであり、サイファは決して小さくない功績を残した。

平成14年のクルマ

2)日産フェアレディZ(5代目)

 このころ大ナタを振るう合理化が目立っていた日産だったが、1年半ほどの空白期間の後「日産のシンボル」という役割も含めこの年にフェアレディZを復活させた。5代目モデルとして復活したフェアレディZは前年に登場した11代目スカイラインから採用されたFMプラットホームを使い、日常での扱いやすさやベーシックグレードなら約300万円というリーズナブルな価格など、フェアレディZのDNAを引き継いだモデルであった。平成14年のクルマ

 また5代目フェアレディZは6年間のモデルサイクルで常に進化を続けたことも、スポーツカーらしいところだった。現在フェアレディZは現行型となる6代目モデルにフルモデルチェンジされ、長らく大きな改良を受けていないのは残念だが、それでもマツダロードスターと並びスポーツカーを継続していることは大変立派なことと断言できる。

平成14年のクルマ

画像ギャラリー